地球と生の拡大について授業をしていました

地球などについて実習をしました。地球は、他の地球式惑星と同様に灼熱のマグマにおおわれた赤い星として生まれました。後々46億年頃時間をかけて、現在のような多様な生命があふれる青い星へと変わりました。実装不可能実験に例えられる地球と生命の強化の歴史を眺めてみましょう。地球や生命の歴史を知ることは、その行く末を策する上で重要です。冥王代から原生代にかけての先カンブリア時代は、地球の46億年間の歴史の90%近くのタームを占めます。先カンブリア時代は、地球および生命の強化の方角を決める大きな事例が何回も起きた年代だ。冥王代は原始地球の幕開け(約46億年頃フロント) から地球最古の岩石の成就年頃(40億年頃フロント)までの6億通年だ。約46億年頃フロント、原始太陽系で微惑星が共に衝突をくり返し、8個の惑星が形成されました。このようなことを覚えましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったですし、勉強になりました。ロスミンローヤル 最安値